Pairs(ペアーズ)の相性はなにで決まる?相性をあげる3つの裏技を紹介

「Pairs(ペアーズ)で理想の相手を見つけたい!」と考えている方は多いですよね。

しかし、たくさんのユーザーがいるPairs(ペアーズ)で自分と相性ピッタリの理想の相手を見つけ出すのは至難の業。
そこで活用したいのが、「相性」です。

「アプリが勝手に決めた相性なんて…」と侮るなかれ。
意外と当たるので、相性の良い相手を見つけ出す手助けをしてくれます。

今回は、この相性とは一体何なのか、相手との相性をアップさせる方法を紹介します。

Pairs(ペアーズ)の相性って?

そもそも、Pairs(ペアーズ)の相性とは何なのでしょうか。

「さがす」や「コミュニティ」で異性を検索するときに、プロフィール写真と共に「◯%」と数字が表示されているのを見かけますよね。
これがPairs(ペアーズ)が算出した相手との相性です。

Pairs(ペアーズ)では、独自のアルゴリズムによってこれまで交際してきた人たちのデータを処理して、相手との相性を算出しています。
表面的には分からないことまで分析しているので、プロフィールを見ただけではわからないような相性の良い相手とも出会える仕組みです。

「どの人にいいね!しよう…」と悩んだときに相手を選ぶ基準のひとつとして、とても便利な機能になっています。

相性はどうやって確認する?

では、Pairs(ペアーズ)の相性はどうやって確認するのでしょうか。

Pairs(ペアーズ)の一覧画面では、相手の写真の左下にハートマークと数字が表示されています。
この数字が相性です。

プロフィールを見るとこの数字が「あなたとの相性」として記載されています。
また、ハートマークの色も相性によって変化します。

具体的には、80パーセント以上だと赤色のハート、80パーセント未満60パーセント以上だと赤と白のハート、60パーセント未満だと白色のハートとなります。
パッと見ただけで相手との相性が分かるので、いいね!を送る相手を一覧から探すときに便利です。

相性が高いとマッチングしやすい?

相性が高いと、本当にマッチングはしやすいのでしょうか。

相性は、プロフィールやコミュニティを元にアルゴリズムが算出した数値です。
人の気持ちまでは分からないので、あくまでも参考の一部になる程度。

「相性が高いとマッチングしやすい」とは一概には言えません。
しかしたくさんのユーザーがいる中で、「誰を選んだら良いのか分からない…」と悩むことは誰にでもあるでしょう。

そんなときに相性の数値が高い相手がいると、「そうなのかな…」とちょっと気になりますよね。
相性は、ひとつのきっかけとしてはかなり効果的なのです。

アルゴリズムを元に算出された数値であっても、何かしら共通点のある相手が見つかるはず。
ひとつでも共通点があると話のきっかけも作りやすいので、その後仲良くなるのも早いでしょう。

自分が相手を選ぶときに参考になる相性ですが、それは相手にとっても同じです。
相手に選ばれやすくするためには、相性を上げておくことに越したことはありません。

Pairs(ペアーズ)の相性をアップさせる方法

「相性を上げたい!」「相性の高い相手を見つけたい」と思っても、相性は相手任せにしていてもなかなかアップしないものです。
相性を上げたいなら、自分の行動も大切。

Pairs(ペアーズ)の相性が決まる基準さえ理解しておけば、相性を挙げるのは簡単です。
ここでは、相性をアップさせるために自分でできる方法をご紹介します。

コミュニティにはなるべく入る

Pairs(ペアーズ)の相性を決める基準のひとつは、趣味や思考です。

ユーザーがどんなコミュニティに入っているかによって趣味や思考を判断するので、自分に合ったコミュニティにはきちんと参加しておきましょう。

例えばインドア派のコミュニティに入っていると、同じくインドア派のコミュニティに属している相手とは相性が良くなります。
反対にアウトドア派のコミュニティに入っている相手とは相性が悪くなります。

Pairs(ペアーズ)には「映画好き」「テニスが趣味な人」「年上と付き合いたい」など、趣味や思考を示す様々なコミュニティがあります。
検索ボタンからキーワードを入力し、自分にぴったりなコミュニティを見つけられます。

運営が用意したもの以外にも、Pairs(ペアーズ)のユーザーなら誰でも気軽にコミュニティを作ることができます。
そのためマイナーな趣味や思考でも共通する相手を見つけやすいです。

異性と共通のコミュニティに入っていると、コミュニティの名前がブルーの文字で表示されます。
その共通点をきっかけに、マッチングしてからも会話を弾ませることができます。

基本的に似ている相手との相性が良くなる傾向があるので、「こんな相手と出会いたい」と思うようなコミュニティを選んで入るのもコツです。

プロフィールをしっかり埋める

相性をアップさせて、自分と相性ぴったりな相手を見つけるためには、プロフィールをしっかり埋めましょう。

Pairs(ペアーズ)のプロフィール画面には、以下のような項目があります。

  • メイン写真
  • 名前
  • 自己紹介文
  • Pairsプロフ
  • 詳細プロフィール

この中で相性を決めるために特に重要なのは、Pairsプロフと詳細プロフィール。
かなり項目が多いので、面倒くさくて空欄のまま放置している人も多いでしょう。

しかし、相性の良い相手を見つけたいならこのプロフィールが重要なんです。
Pairsプロフでは、学歴や職種、身長、性格などの基本情報だけでなく、恋愛には欠かせない項目も数多くあります。

お酒やタバコはどうか、休日はいつか、社交性や結婚に対する意思など、付き合う前に知っておきたいけれど聞きにくい情報がプロフィールを見れば一目瞭然です。
この情報を元にPairs(ペアーズ)が相性度を測り、自分の価値観の合う人を見つけられます。

入力しておけば相性に影響するだけでなく相手に自分のことをよく知ってもらえるので、ミスマッチを防げるでしょう。

頻繁にログインする

相性は、ただ単に「自分と趣味や価値観が合う人」を見つけるためのものではありません。
「時間の使い方が似ているかどうか」も、相性を決める基準のひとつ。

そこでチェックされるのが、ログインする時間帯です。

せっかくマッチングしても、片方が朝出勤しながらアプリをチェックする人で片方が夜だけチェックする人だったら、なかなか連絡のタイミングが合いません。

メッセージのやりとりが続かないと、そこから関係を発展させるのは難しいですよね。
マッチングした相手がたくさんいたら、仲良くなりやすいのは頻繁にやりとりできる相手。

時間の使い方が似ていた方がマッチングしやすく、さらにマッチングしてからも親密になりやすいんです。
そのため、同じような時間帯にログインしている人の方が相性がよくなります。

頻繁にログインしておくと、それだけ相性の良い相手を増やすことができるのです。

毎日ログインとまではいかなくても、2~3日に1回はログインするように心がけましょう。

相性を活用して運命の相手を見つけよう

今回は、Pairs(ペアーズ)の相性とは一体何なのか、相手との相性をアップさせる方法をご紹介しました。

Pairs(ペアーズ)が算出してくれる相性は、意外と侮れない代物です。
自分と共通点のある相手を見つけ出すだけではなく、メッセージのやりとりをするときに、「相性が高かったから気になって…」なんて会話のきっかけにもできます。

過信しすぎるのは良くありませんが、一つの基準として活用して運命の相手を見つけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました