【ブス閲覧禁止】人間界にのさばった勘違いブスの特徴5撰

あるあるネタ

勘違い女が嫌われる理由

こんにちはー!今日もメルヘンミントちゃんの偏見に満ちたブログをはじめます!

あなたの周りに、勘違いブスはいますか?

勘違いブスはただのブスとは一味違います。
ブスなのに何か俯瞰して物事を見たり、色々と見ていて痛々しい特徴があります。
彼女らは、それらの言動で人の感情をことごとく逆なでします。

今回は、そんな人間界にのさばった勘違いブスの特徴を紹介していきます!

勘違いブスの生態

自撮りを頻繁に載せる

勘違いブスは、ブスなのにSNSに頻繁に自撮りを上げます。

その自画像に添付される文章は十中八九「私ブスすぎてつらい~整形したい~」です。

本人たちは「そんなことないよ~カワイイよ~」と言って欲しさに自撮りを上げるのです。

正直に「確かにブスだね!」と言ってしまうとブロックされてしまうので注意が必要です。
かといって、放置してしまうのも良くありません。
「カワイイよ」と言われるまでまるで壊れたラジカセのように言い続けます。

さらに、しょうがなく「カワイイよ」と言ってしまうと、逆に「そんなことないよブスだよ~」と言われてしまうので、もうどうしようもないです。

持ち前の面倒臭さで、そのうち誰からもかまってもらえなくなるのを待つしかありません。
辛抱強く待ちましょう。

恋愛上級者気取り

勘違いブスは、なぜか恋愛上級者のような口ぶりをする特徴があります。
「恋愛のことなら何でもアタシに聞いて!」と周囲に触れ回ります。

彼女らは恋愛豊富のような顔をしますが、豊富なのは恋愛経験ではなく失恋経験です。
あるいは、一度だけ好意を持たれた時の話を永遠に語り続けるだけなのです。

彼女らの恋愛談はブスによる偏見に満ちたものなので、絶対に聞いてはいけません。

文化祭や合唱コンクールで仕切っていたタイプのブスがこの形態に進化する事が多いです。

可愛い子のボディガード役

勘違いブスは、常に美人で可愛い子の隣にポジショニングを取ります。

自分の土俵では勝負ができない事はわかっているので、美人に寄ってくる男のボディーガードという役回りをするのです。
隣の美人が街中で男にナンパされようものなら、物凄い勢いでその男を振り払います。

勘違いブスは美人を守っているように見せかけて、美人に男を寄らせないようにすることで自分の立ち位置を守っているのです。
つまりは美人の邪魔をしているだけなのです。
彼女らの存在で、男は美人に近寄る事もできなければ、美人も男を作ることができません。
勘違いブスしか得をしない構図です。
表面上は美人のボディーガードというスタンスを取ることで、ズル賢く行きています。

そして、圧倒的な美人には屈しますが、ちょっと可愛い子にはあら探しをして批判をするのも特徴です。

無駄に女子力が高い

勘違いブスは、なぜか無駄に女子力が高いです。

おそらくモテない故に恋愛本を読み漁っているからでしょう。
例えば男女で居酒屋へ飲みに行った時など、サラダがテーブルに到着するや否や、目にも留まらぬスピードで率先して取り分けを始めるのが特徴です。

その姿に感じられるものは、女子力と言うよりも給食のオバハンです。
男に良く思われようとガンバってる姿は見透かされています。

他にも、手作りお菓子を配布して回ったり、やたら裁縫が上手かったり、家事スキルが高かったりします。しかし性格は良くありません。

特殊な異名を持っている

勘違いブスは、高確率で陰なる異名を持っています。つまりあだ名です。

ミントちゃんが今まで聞いてきたあだ名は、総じて「岩タイプ」だったり「岩石」だったり「ばくだんいわ」だったり、岩寄りのあだ名が多かったです。
他にも、ラスボス、ドドリアさん、ローランドゴリラ等など、強そうな名前を付けられていたタイプもいました。

彼女らは、主に男性に名付けられたセンスの光る異名でひときわ大きな存在感を放っています。

まとめ

勘違いブスの特徴

  • 自撮りを頻繁に載せる
  • 恋愛上級者気取り
  • 可愛い子のボディーガード役
  • 無駄に女子力が高い
  • 特殊な異名を持っている

勘違いブスは、とても厄介な存在です。
近づかないのが一番安全ですが、万が一関わりを持ってしまっているのなら、この記事のことをツイートしてさり気なく気づかせてあげましょう★

気に入ったらツイートお願いします!

フォローください!

リツイートお願いします!

The following two tabs change content below.
アバター

minto

みんなのアイドルっ!メルメルメルヘン、ミントちゃん☆! クールな毒舌スナイプで君の心を撃ち抜いちゃうゾ☆

2017年7月19日あるあるネタ

Posted by minto