80%の女子がモテると勘違いしている「間違った男ウケ」11選

モテる女

女子がモテると勘違い

こんにちは!メルヘンミントちゃんの偏見に満ちたブログの時間です!

あなたの周りに自分磨きをガンバってはいるんだけども全然モテてないという人はいませんか?

モテる努力をしているのに全然モテない原因は、「男ウケ」を勘違いしているかもしれませんよ。

的はずれな努力は今すぐにやめましょう。

実は男ウケが悪い

間違った男ウケ~内面編~

1.少食

少食
少食アピールする女性は「ぶってるな~」って思います。(23歳/営業職)

ご飯に連れて行って美味しそうにいっぱい食べてくれる方が好感持てるし、また連れて行きたくなる。少食で全然食べないのは悲しくなる。(30歳/技術職)

多くの女性が勘違いしているのが、この「少食が可愛い」という認識だそうです。

恐らくたくさん食べる=デブという印象があるからでしょうが、それは間違っています。

少食を装って「もう食べられな~い」みたいな雰囲気を出すよりも、美味しそうにもぐもぐ食べるほうが圧倒的に可愛く映るものです。

その姿を見て、男性側も「この子をご飯に連れて行ってあげるとこっちも幸せ」と感じるようですね。

男性の前だと少食をアピールしだす女性は、すぐバレる上に男からも女からも嫌われます。

男性の前ではできるだけ美味しそうにたくさん食べましょう。

2.自称”男性苦手”

「私男の人苦手なんですぅ~」って言ってる女、マジで演技バレバレなんでやめたがいいっすよ、あれドン引き。(21歳/大学生)

自称男性苦手は、一昔前は通じた手法かもしれませんが、近年男性も賢くなってきていて、モテようとするための演技だと気づいちゃうようです。

本当に男性が苦手な女性はわざわざそんなこと男性に言いません。そもそも男性と喋れないんですから。

エセ男性苦手系女は、そのあざとさが裏目に出て、陰で「清楚系ビッチ」と呼ばれているでしょう。

3.酒が弱いキャラ

酒が弱いキャラを演じてる女性は引いちゃいますね。普通に飲めるくせにありえないほど少量で酔っ払うから「キャラでやってるの?」と思う(35歳/製造業)

飲みの席ですぐふにゃふにゃになって男性に寄り付く女性。

それ、わざとやってるってバレてますよ。

飲めない女性は自分から進んで飲もうとしません。

自分から飲んでおいて「酔ってきちゃった~」って、それバレバレです。

酒の席でふにゃふにゃになって酔ったフリしていると、確かに男は寄ってくるかもしれませんが、
それは「モテている」のではありません。単に「ヤれる」と思われているだけです。

そんな女性に寄ってくる男もそれなりのグレードの男ばかりでしょう。

4.おバカキャラ

おバカキャラ

テレビの影響なのかはわかんないけど、やたらとバカや天然をアピールする子が増えた気がしますよね。恋愛対象外です。(25歳/貿易業)

一昔前にテレビで「おバカキャラ」の人気が爆発しましたよね。

その時の影響なのかはわかりませんが、たしかにそのあたりからやたらとバカをアピールする子が増えてきた気がします。

普通に生きてれば誰でもわかりそうな常識を「バカなのでわかりません★」で片付けようとする女。

女性目線で見てもめちゃくちゃ不快なんですが、男性からも同じ意見のようです。

それは「おバカ」なんかではなく、ただ「教養のない頭が悪い女」としか思われていません。

そして、そんなおバカキャラに寄ってくる男は同じくバカ男ばかりです。

バカキャラはまともな男性を遠ざけます。バカを演じるのはやめましょう。

5.女子力磨きアピール

何かにつけて女子力女子力言ってる女性って必死だな~って思います(28歳/建築業)

女子力磨きをアピールする女性は、男性の目からすると、モテようと必死な印象しか受けないようです。

女子力アピール女は、ことあるごとにお洒落なカフェでの写真や、新しいネイル、料理教室などなどの活動を逐一SNSで報告するのが特徴です。

そもそも、男が思う女子力と女が思う女子力にはかなりの差があります。

  • 女の思う女子力
    カフェ巡り、スイーツ、ネイル、習い事etc…
  • 男の思う女子力
    家事と容姿

男ウケを勘違いした女子力アピールは逆効果です。

的の外れた努力をしても意味はありません。

それ以前に、そういう努力は見せつけるものではないことを念頭に置きましょう。

6.謙遜がち

本心で「かわいいね」って言ったのに、「そんなことないですよ~」って返されたら萎えちゃいます。褒めてるんだから素直に喜べばいいのに(24歳/営業職)

「かわいいね」って言われて、「そんなことないよ~」と返す女性は、実はあまり男性からは喜ばれません。

謙遜のつもりかもしれないですが、褒めたものを否定されるとあまり気分が良いものではありません。

素直に「ありがとう」と伝えましょう。

ちなみに、自分は可愛くないと謙遜する女性に限って、SNSで「自分の顔ブスすぎて整形した~い」という文章と共にキメッキメの自撮りを乱投します。

間違った男ウケ~外見編~

7.露出が多い

露出が多い人を見ても、ただ自分の体を見せたいだけなんだろうなーと思う(38歳/管理職)

露出が多いからといって、男ウケするとはかぎらないようです。

特に、ちょっと前かがみになっただけで下着が見えるような服装を好む女性は要注意。

ただ性的対象として見られるだけで、男ウケする要素ではありません。

男性相手には、下手に肌を露出するよりも、光り物をうまいこと駆使した方が良いです。

効果的なのはツヤツヤのリップグロスなどです。露出するよりも効果的に色気を演出できます。

8.どこでも全力オシャレ

会社のバーベキューで全力オシャレのフリフリを着てきた時はビックリしました。汚れても知らないぞと。(29歳/サービス業)

バーベキューでフリフリの服を着てきたり、
遊園地にヒールの高い靴を履いてきたりなど、
TPOに見合わない格好をする女性をする女性はあまり良く思われません。

男性がいるからといって、いつも全力のオシャレをしてくる女性は、男性から一歩引いた目で見られ、男ウケには程遠いようです。

9.ガリガリに憧れる


ガリガリは無理。女の人ってなんであんなにガリガリになろうとするの?(26歳/飲食業)

細い女性は男性にはあまり愛されません。

特にどう見てもデブではない女性ほどデブを自称します。

そもそも、女性の思う「デブ」の基準は、男性のそれとは大きくかけ離れています。

男性は少しぽっちゃり気味の体型を好みます。

これを見てください。
何%のぽちゃ度が理想の体型ですか?

多くの女性はぽちゃ度-10%~0%が理想の体型と答えるでしょうが、ほとんどの男性はぽちゃ度60%あたりを好みます

女性の理想の体型であるぽちゃ0%は、男性から見ればただのガリガリ女です

ぽちゃ度60%の女性は女性から見ると「デブ」かもしれませんが、男性から見ると実はそのあたりが理想の体型なんです。ややぽっちゃりくらいの女性が愛されます。

モデル体型を目指すよりも、健康的な体型を目指しましょう。

【豆知識】
ぽっちゃりが愛されるからといって、勘違いしないでください。

女性の思う「ぽっちゃり」はデブです

不思議なことなんですが、男性の好む体型の女性は「デブ」を自称する一方、関取りデブほど何故か「ぽっちゃり体型」や「マシュマロ体型」を自称します。

ぽっちゃりという言葉を誤認しないでくださいね。

10.派手髪

どんなに可愛くても、髪型とか髪色が派手だったら、ちょっと萎えちゃいます(21歳/大学生)

派手な髪は女性から見れば個性的でカッコイイかもしれませんが、男性ウケはかなり悪いです。

やっぱり男性に人気なのは、王道の清楚系です。

やはり最強なのは黒髪ストレートです。

オシャレで個性的な髪型は、女性ウケは良くても男性にはあまり人気がありません。

男ウケを狙うのなら、やはり清楚系を攻めるのがいいでしょう。

11.キツい香水

キツい香水は付けないで欲しい!(33歳/製造業)

匂いのきつめな香水は男性にとっては邪道のようです。

女性誌などでは、売り文句として「男を魅了する香り」みたいな文言で匂いの強い香水が売り出されていますが、あれは全部女性の意見でしかありません。

きつい香水の臭いが香るよりも、後残りのしない洗剤の匂いがフワっとするほうが男性に圧倒的支持を誇ります。

せっけんの香り以外は邪道という意見が多いです。

もし香水をつけるのであれば、爽やかなせっけん系の匂いのものにしましょう。

まとめ

    間違った男ウケ~内面編~

  1. 少食
  2. 自称”男性苦手”
  3. 酒が弱いキャラ
  4. おバカキャラ
  5. 女子力磨きアピール
  6. 謙遜がち
  7. 間違った男ウケ~外見編~

  8. 露出が多い
  9. どこでも全力オシャレ
  10. ガリガリに憧れる
  11. 派手髪
  12. キツい香水

これらの要素は、多くの女性が勘違いしている間違った男ウケ要素です。

無理してキャラを演出したり、張り切りすぎたオシャレをするのはやめましょう。

気に入ったらツイートお願いします!

フォローください!

リツイートお願いします!

The following two tabs change content below.
アバター

minto

みんなのアイドルっ!メルメルメルヘン、ミントちゃん☆! クールな毒舌スナイプで君の心を撃ち抜いちゃうゾ☆

2017年7月25日モテる女

Posted by minto